読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけかのの日記

日記です

読書:蒼穹の昴①

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

まだ2巻を読んでいる途中なので完結していない。

読み始めたときは話に入り込みにくかった。

はじめのうちは魅力のない主要な登場人物たち。

名前がわかりにくく、ふりがなも中国語読みで書かれているのでなじめない。

何とか爺というのがたくさん出てくる。

もう少し割り切って現代風にしてくれたほうが教養のないものにはわかりやすいのに。

苦闘しながら読み進めてやっと面白さを感じ始めた。

はじめは分からなかったが清代末期の時代。 途中から西太后袁世凱など知っている人たちがちらほら出てくる。

清代の知識はほぼ0に近いのでそれだけでも興味深い。 読み進められているのはほぼこれが理由。

不満点はいくつか

  • 予言・運命が絶対

  • 主人公っぽい人物が去勢

  • 西太后が思慮深そう

予言する人がいて、それが絶対。主人公もそれが拠り所。 主人公は予言など気にしない英雄のほうが好み。

去勢は少し嫌悪感。単なる私の好み。

西太后はただの悪人じゃないの?という先入観

とにかく、楽しみにして続きを読み続けようと思う。